鉄ちゃんねる



SL

【千葉】JR成田線、44年ぶりにSLが復活

1: ジャガランディ(東日本) 2013/02/10(日) 13:30:45.32 ID:HzVZ0kwW0 BE:1050138634-PLT(12000) ポイント特典

44年ぶり!“SL復活”に鉄道ファンも大喜び(02/10 07:15)

 千葉県のJR成田線で、44年ぶりにSLが復活しました。

 轟音を響かせながら煙を上げて走るSLの復活は、東日本大震災の影響で減少した観光客を呼び戻そうとJR東日本が企画しました。

連休初日の9日から11日までの3日間、JR成田線の佐原-銚子間で一日1往復運行します。成田線をSLが走るのは44年ぶりです。詰めかけた親子連れや鉄道ファンは、その迫力に歓声を上げていました。
http://www.youtube.com/watch?v=fUAsemG0O7w

(ニュース動画)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/230210010.html

no title

no title

no title

no title


引用元: 【千葉】JR成田線、44年ぶりにSLが復活

続きを読む

【鉄道】運炭列車撮影、釧路コールマイン見学等 「冬のSLと石炭のマチ・釧路」~SL冬の湿原号と釧路の石炭産業を体験する3日間~

1 名前:コロッケそばφ ★[sage] 投稿日:2012/02/05(日) 20:07:58.83 ID:??? 
  JR北海道釧路支社では、大好評を博してきた  
  「冬のSLと石炭のマチ・釧路」~SL冬の湿原号と釧路の石炭産業を体験する3日間~  
  を今年も発売する。  
  このツアーは、「くしろ圏広域観光推進コンソーシアム」とタイアップし、  
  鉄道と石炭のマチ・釧路の魅力を満喫するモニターツアーとして、  
  昨年まで3年間にわたり実施されたもので、好評を受けて4年目の今年は  
  一般ツアーとして発売されることになったもの。  
  地元レイルファン団体の「釧路臨港鉄道の会」が、企画からガイドまで全面協力しており、  
  〈SL冬の湿原号〉の乗車・撮影をはじめ、通常は立ち入りや個人見学が困難な釧路運輸車両所SL  
  機関庫や太平洋石炭販売輸送石炭列車の見学・撮影、  
  釧路コールマインでの石炭・軌道施設の研修視察参加など、  
  今回もモニターツアーで初めて実現できた内容を中心に、  
  釧路の鉄道名所を鉄道好きの気持ちになって案内する。  
  コースは東京羽田空港発着空路利用と札幌駅発着JR利用の2コースを設定(釧路市内で合流)、  
  限定20名のスペシャルツアーとなっている。  
   
  (ツアー内容は記事参照)  
   
   
  鉄道ホビダス  
  http://rail.hobidas.com/news/info/article/131256.html  
  s-_MG_3956_190px

 
  続きを読む

JR両毛線、C61型蒸気機関車を走らせるも、鉄ヲタどもには正面の顔を見せないという見事な仕打ち

1 名前:名無しさん@涙目です。(栃木県)[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 08:45:39.46 ID:7AKaNzca0 BE:300548197-PLT(12018) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/aibon_face.gif  
  「SLの顔が見えない!」晴れの復活凱旋運転なのに…地元住民ため息- 産経新聞  
   
   今年6月に復活した蒸気機関車(SL)C61形20号機が3日、35年間保存展示されていた  
  群馬県伊勢崎市に凱旋(がいせん)し、JR両毛線の伊勢崎-高崎駅間を力走した。  
   
   伊勢崎駅には約500人の地元住民や鉄道ファンが駆けつけたが、ホームで行われた  
  式典のために肝心のC61の「顔」を見ることができず、地元住民らからは落胆の声も聞かれた。  
   
   カメラを手にした人々でごった返す4番ホーム。午前11時ごろ、電気機関車に牽引(けんいん)  
  されたC61の姿が見えると歓声がわき起こった。  
   
   客車の最後尾につながれたC61はホーム先端に停車。ところが、凱旋記念セレモニーが行われた  
  ホーム先端付近には一般客は入れなかったため、多くの地元住民らがC61の正面を見ることができなかった。  
   
   C61形20号機は昭和24年に製造。東北と東京を結んだ夜行特急「はくつる」などで活躍した後、  
  48年に廃車され、伊勢崎市の華蔵寺公園内で35年間、保存展示されていた。この日の凱旋運転は、  
  今年6月に復活してから初めての“里帰り”だった。  
   
   それだけに、近隣の桐生市から駆けつけた会社員、杉原真一さん(39)は「復活運転はうれしいが、  
  顔が見えないのは…。子供にも顔を見せたかった。もう少し工夫があればよかったんですが」と残念そう。  
  C61を正面から見られる「特等席」は列席者や報道関係者が占めていた。  
   
  http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_snk20111103517  
 
  続きを読む



スポンサーリンク
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター

    Amazon